ヤフオクで転売し、稼ぐ方法まとめてみた。メルカリやAmazonと比較すると?

ヤフオクで転売し、稼ぐ方法まとめてみた。メルカリやAmazonと比較すると?

オークションで稼ぐ方法の中でも有名なのが、商品を転売する「せどり」という方法です。

ブックオフなどの古本屋やリサイクルショップ等で商品を安く仕入れ、ヤフオク・メルカリ・Amazonを使って高く販売し、利益を出していきます。

せどりは古本の転売をするのが主流なので、まずは「古本の仕入れと売り方」について学んでみましょう。

高く売れる古本の仕入れ方と転売方法

 

 

 

 

古本の仕入れにはゆっくりと相場を調べられるブックオフやゲオなどの大型書店を利用します。

また、古本の転売にはYahooオークションかアマゾンを利用します。

どっちを使うかで作業時間や手数料が大きく変わってきます。

Amazonで転売する場合

amazonは撮影や取引の手間は省略できますが、販売額の15%+成約料80円〜など、手数料が高いため、手間は少なく、利益は上げにくい方法ですね。

 

ヤフオクで転売する場合

ヤフオクは出品や取引の手間はかかりますが、販売額の5%+出品料10円と手数料が安いため、手間は多いが、利益は比較的に出しやすい方法と言えます。

 

メルカリで転売する場合

 

ちなみにメルカリは販売手数料が10%とかなり高く、せどりで利益を出すのには向いてません。

 

 



古本探しはとにかく根気が大事!

 

当たり前ですが、せどりで稼ぐには「本を安く仕入れ、高く売る」ということが前提です。

一般的な方法は100円コーナーを片っ端からオークファンやAmazon検索を使って捜していく方法です。

その場で調べればすぐに売値が分かるのでリスクの少ないせどりが可能になります。

時には100円コーナーの本が数千円で売れることもあり、コツコツ安全に稼ぎたい人に悪くない方法ですね。

 

リサイクルショップでせどりをしよう!

 

 

古本屋の他にもリサイクルショップでもせどりが可能です。

私もリサイクルショップへ行ってせどりをしたことがありますが、商品を大量に買って仕入れの2倍以上の値段で売れたこともあります。

意外と思うかもしれませんが、適当な値付けをしているお店も結構あるので、大手チェーンではないお店をを見つけることが出来れば稼ぎやすくなりますね。

 

これからの転売ビジネスはどうなるか

 

 

 

最近は入手が難しくなる人気商品を予約し、プレミアがついたあと転売する方法が主流になっています。

他にもebayなどの海外オークションで仕入れた商品を売ったりコンビニくじでしか当たらない限定の景品を並んで買い占めたりと様々な方法で転売をする人が増えてきました。

しかし、価値がつかなかった場合はリスクもあるので、プレミアがつきやすい商品を探す正確な目が必要になってきます。

一番利益が出やすいのはやはりコンサートチケットですが、昨今は転売屋対策が強くなってきているので、今後はあまり稼げない方法になっていくと思います。