ふるさと納税を利用してサラリーマンでも節税をしよう

ふるさと納税を利用してサラリーマンでも節税をしよう

そもそも、ふるさと納税って何?

ふるさと納税とは応援したい自治体に寄附をすると、税金の一定額が還付・控除され、さらに寄附先の地域からお礼の品がもらえる新しい地域応援の仕組みです。

ふるさと納税は単に寄附をするだけではなく、魅力がたくさんあります。主にこの3つが、利用者の人気を呼んでいます。

 

ふるさと納税の3つの魅力

【社会貢献】自治体を選び、直接応援できる

ふるさと納税の寄附先は、自分の生まれ育ったふるさとはもちろん、全国の自治体から自由に選ぶことができます。

また、寄附先の数や寄附の回数にも上限はありません。「子育て環境の整備」「自然の保護」など、各自治体は寄附金の使い道を明らかにしていて、その中から寄附先を指定することができます。

「本当に応援したい自治体を選べる」のが、最大の魅力といえます。

 

【楽しみ】納税先から「お礼の品」が届く

「お礼の品」は、ふるさと納税の人気を支えている大きな理由のひとつです。

多くの自治体では寄附に対する感謝の気持ちや地域のPRとして、特産品や名産品を利用者に届けています。

海産物や肉類、果物、野菜、加工食品、旅館やホテルの宿泊券、施設の利用券、農業体験など、その内容はバラエティーに富んでいて、選ぶ楽しさもあります。

なお、お礼の品は義務ではないので、感謝状などの記念品のみを送る自治体や、お礼を用意しない自治体もあります。

 

【税金の控除】実質的な自己負担はたった2,000円のみ

ふるさと納税には税制のメリットもあります。

具体的には寄附金額から自己負担額2,000円を除いた金額が、所得税や住民税から還付・差し引かれます。

たとえば、10,000円を寄附した場合は「10,000円-2,000円」、すなわち、8,000円がその対象になるのです。

たった2,000円の負担でお礼の品が届くだけではなく税制のメリットがあるので、とても魅力的な制度といえるでしょう。

ただ、差し引きの上限金額は本人の収入や家族構成によって異なるので注意が必要です。